シン・母 遠距離介護日記+

遠方にいる認知症の母の備忘録を中心に、日常のあれやこれやを書いています。

ぬいぐるみでも、幸せホルモンはでるらしい

チワワのぬいぐるみを、買ってしまった。

 

 

ぬいぐるみは、極力買わないように気をつけている。

物を増やしたくないし、そう簡単に処分もできない。

インテリア的にどうかと悩むこともあるし、50代夫婦2人の部屋にぬいぐるみが増えることに躊躇する気持ちもある。

 

ある日、ネットで目にしたチワワの画像について夫と盛り上がり、流れでAmazonで衝動買いしてしまった。

 

チワワが到着して箱から出した時、正直、微妙だと思った。

想像していたチワワ感は、あまりなかった。

ちょっとチープ感漂う感じが、もの悲しさを誘った。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「うん、まぁ、かわいいよね」

 

夫の表情も、微妙だった。

 

ところが、どうだろう。

数日経つと、無性に「チワワ、すごいかわいいじゃないか……」という気持ちが沸き上がってきた。

情がわいたのだろうか。

抱いてみたり、手にのせてみたり。

そっと撫ででみたり。

やわらかくクタクタした感触が、またつらい。

 

 

たたずまいを眺めているだけで、なんだかつらい。

 

 

 

あんなに微妙だと思ったのに、すっかりチワワの魔力にとりつかれてしまった。

これだから、ぬいぐるみは困る。

 

子どもやペットと触れ合ったり、大切な人とハグしたりする時、オキシトシンという幸せホルモンが出るらしい。

今きっと、私の脳の中はオキシトシンでいっぱいになっていると思う。

チワワ、ありがとう。

微妙だなんて言って、ごめんよ。

 

仕方ない。

素直に認めるしかない。

かわいいものは、かわいいのだ。